ぽんこつフリーターのひとりごと

好きなものと好きなことのおはなし

アイライン描くの苦手なかた必見!きれいに描けるたった2つのコツ

 

こんにちは。おすずです。

 

今日は、

今まで、目尻にきれいにアイラインを描くのがあまり得意じゃなかったけど、

たった2つのコツで上手く描けるようになったよ

っていうお話なんですけれども。

 

 

 

 

ナチュラルアイライン、たった2つのコツ

 

今日は、

 

*アイラインを描くのが苦手。

*いつも同じクオリティに仕上げられない。

ナチュラルなラインにしたいのに、自分に合う描きかたがわからない。

 

というかたにぜひお伝えしたい、

私が最近気づいた2つのコツについてお話させてください。

 

 

 

2つのコツ。それは、

①自然にできる影にそって描く

②アイライナーを縦に持つ

です。

 

 

 

 ①自然にできる影にそって描く

 

跳ね上げもせず、下げもしない、ナチュラルなライン。

平行ラインとも言われますね。

 

でも、

ただ闇雲に真っ直ぐのばすだけだと、

目の形に対して不自然になってしまうことも。

 

「ここにこう描けばいいんだよ」

というポイントの見つけかたがあります。

 

鏡を顔の前に持ち(置き)、やや上目遣いになってみてください。

目尻に、自然な影ができるのがわかると思います。

 

f:id:osuzuso:20210402173127j:image

 

この影が、

ナチュラルなアイラインを描くときのガイドラインです。

 

f:id:osuzuso:20210402173414j:image

 

あとは、

自然にできたこのガイドラインをなぞるだけ!なんて簡単!

 

 

 

『線をひく』と思うと、

「こういう形のラインで…」「これくらいの長さで…」「きれいにひかなきゃ…」

と、一気にプレッシャーに感じませんか?

私は、いつもドキドキしながらひいていました笑。

 

『線をひく』感覚ではなく、

『もともと自然にある影を強調する』感覚でなぞる。

これで、自分の目の形によく合う、ナチュラルなラインの完成です。

 

 

 

②アイライナーを縦に持つ

 

f:id:osuzuso:20210402174223j:image

 

左の写真のような一般的な持ちかたでは、

私は上手く描けませんでした。

 

スッときれいなラインにしたいのに、

先がプツッと切れた丸いラインになってしまったり。

ラインがくにゃっとブレてしまったり。

細いラインにしたいのに、太くなってしまったり。

左右対称に描けなかったり。

 

描きたいラインのイメージはできてるのに、

アイライナーを持つ手が、

思うようにそれを再現してくれない。そんな感じ。

 

まつ毛の間を埋めるときって、

アイライナーを縦に持って、下から描きますよね。

右の写真のように。

 

ある日、まつ毛の間を埋めたあと。

その持ちかたのまま、目尻のラインもひいてみたんです。

 

すると!

なんと描きやすい…!

ねらった通りのラインが描ける…!

 

今までの苦手意識が、一気になくなりました。

 

 

 

いろんなラインでいろんな表情。楽しみましょう♡

 

目尻のアイラインひとつで、

表情がガラリと変わりますよね。

 

いろいろな描きかたがありますが、

私が今一番好きなのは、ナチュラルなアイライン。

 

跳ね上げもせず、下げもせず。

自分の目の形に合った自然なラインが、とっても好みです。

 

 

 

何を使って描くかによっても、

雰囲気がグッと変わっておもしろいです。

 

リキッドアイライナーだと、

ナチュラルながらも凛とした眼差しに。

まつ毛を1本描き足したような繊細さが魅力的。

 

 

 

f:id:osuzuso:20210402222455j:image

ペンシルアイライナーだと、やわらかな目元に。

自然な奥行き感が印象的です。

 

 

 

f:id:osuzuso:20210402223338j:image

さらにナチュラルにしたいときは、

アイライナーは使わずに、

アイシャドウの締め色のみでラインをひくという手もあります。

もはやすっぴん風。ピュアでやさしい雰囲気です。

 

 

 

ほんのちょっとした違いで、

こんなに変化を楽しめるアイライン。

まさに、メイクの醍醐味ですよね♡

 

苦手なままにしていては、もったいない。

 

私のように、アイラインを描くのが苦手なかた。

*自然にできる影にそって描く

*アイライナーを縦に持つ

を、ぜひお試しくださいませ♡

 

それでは今日はこのへんで。