ぽんこつフリーターのひとりごと

好きなものと好きなことのおはなし

パッティングじゃなくてフィッティング

こんにちは。おすずです。

 

今日は、とある名称を
この言いかたに変えてみませんか?
という提案のお話です。

 

f:id:osuzuso:20210224133339j:image

 

『化粧水って、
 手でつけるのがいいの?
 コットンでつけるのがいいの?』
よくある話題ですよね。
私の中での結論は
『お肌の状態に合わせてどちらでも!』
ですが、今日したいのは
どっちが正解?というお話ではなくて。

 

主にコットン使いのときによく使われる
『パッティング』という言葉。

 

この言葉を変えたいんです、私。

 

私が提案したいのは、
『フィッティング』です。

『フィットさせる』ほうが、
優しいケアに感じませんか?

 

しっくりこないですか?ふふ。

 

『パッティング=パタパタと叩き込む』
というイメージで、
語弊があるなぁと思っていたんです。

そのイメージ通りに実際にパタパタとしてしまうと
お肌はどうなるか。

たとえ垂直に圧力を加えて横にこすらなかったとしても
なんだか刺激に感じてひりひりしてしまう。
赤みが出てしまう。

手でもそう感じるのに、
コットンならなおさら…。

 

私が化粧水をつけるときの
実際の手つきは、

化粧水でひったひたにしたコットンを
お肌に優しくフィットさせる。
数秒間軽く押し当て、そっと離す。

この繰り返しです。

 

手でつけるときも、
同じように優しくフィット。

手の温かさを感じながらのケアは
お肌も心もほぐされて
気持ちいいですよね〜…。
癒し♡

 

この優しいケアなら
ひりひりや赤みは出ません。
水分をたーっぷり含んだような
透明感ばくはつ!のつるんとお肌の完成です。

  

言いかたなんてなんでもいいでしょ?
大切なのはやりかたなんだから!
って思うかたもいるかもしれませんね。

 

言葉のイメージに惑わされず
お肌が輝くケアをできるなら
それはとても素晴らしいこと!

 

でも、
スキンケア初心者のかたも慣れてるかたも、
より多くの人に
正しいケアのしかたを知ってもらうには、
言葉のイメージと実際の行動が
ほぼイコールで結びつくような
伝えかたも大切な気がします。

 

言いかたや言葉のイメージを変えるだけでも、
なんだか手つきが変わってきませんか?

 

(写真は、現在私が愛用している
 お気に入りの化粧水&乳液とコットンです)

 

それでは今日はこのへんで。